SFスペースファンタジー「星々の輝き」Epilogue2

投稿日:

SFスペースファンタジー、スペースローグ「星々の輝き」INDEXはこちら

宇宙を救った英雄ニーナ・シャピロと、修理ロボリズの、その非英雄的な日常…の一端。

スペースローグ・星々の輝き、前の話はこちらから

SFスペースファンタジー「星々の輝き」Epilogue2

「くぉ~らぁ~~~!!待ちなさいったら、待ちなさいっ!リズっ!!!」

その日、ニーナはスターシップの修理ロボットであり良き仲間であるリズを追いかけ回していた。

喜びを分かち合うヒアスラ・スターベース

小型スペースシップ、ジョリーロジャー号に共に乗り込み、艱難辛苦の末、ファーアームを救ったニーナとリズ。
仲の良い2人がなぜか喧嘩をしていた?

と言っても怒っているのはニーナだけで、リズはにしししし♪とさもおかしそうに笑いながら逃げ回っている。

「つーかまえたっ!人間だからってバカにしないでよね!
リズのようにのろまなロボットには負けないわ!」

「へ、へ~~んだ!わざとゆっくり走ってあげただけよ♪」

「言ったわね!今はパーツがパーツだからでしょ?
なによ、まったく!身体のパーツを変えさえすれば別人になれることをいいことに、あたしに化けてみんなにおねだりするなんて!詐欺もいいところよ!」

えへへへへ、と舌を出し、リズはさほど悪気も感じてないようである。

「だって、み~んなニーナにはやさしいんだもん。
あれもこれもいろいろおごってくれるし、面白い話はしてくれるし。」

「だからって、あたしの振りして・・って、リズ?いつあたしそっくりの頭部なんて作ったのよ!
いいから、それ、出しなさい!」

「あ、大丈夫よ、もうあの顔パーツは、変えちゃったから。」

「変えたって・・・・」
はー、と大きくため息をつき、ニーナはあきれ顔。

スポンサーリンク

「おかげで、あたしは覚えのない約束を破ったって、あちこちで追求されちゃって・・・・ほんとに大変だったんだから。
いい?これからその一人一人に謝って回るのよ!」

「ニーナの顔で?」

「そうじゃないでしょ!!!」

「わ~♪ね、ニーナ、空、見てみて。雲が気持ちよさそうに浮かんでお昼寝してるよ♪」

「あのね!人の話を聞いてるの?」

怒鳴りつつ、ニーナはふと空を見上げているリズに合わせて上を向く。

「わ~・・・・ほんとふわふわ綿菓子みたい♪」

「惑星に着陸するのなんて久しぶりだから、なんか心が洗われるみたいだね?」

「そうね~・・・・・」

そして、2人でしばらく空を見上げていてから、ニーナははっとする。

「じゃーないでしょっ!
いい?立ち寄るスターベース毎に、あたしと一緒に騙したみんなのところに立ち寄って、きちんと説明して謝んのよ!」

「ほわ~~い。」

「ったく・・もう・・・・・・また同じ事したら、分解処分だからね、いい?!」

「あたしがいなくなったら、誰が船の修理するの?」

「う"・・・・ま、まー、それは・・・。
い、いいわよ、もっと従順で素直で仕事第一のロボットを買うから!」

「長い宇宙空間の旅は、そんなんじゃ退屈するよ?」

「するよって・・・・リズ?!」

きゃははっっと笑って再び走り始めたリズに、ニーナは苦笑してから、一緒に走り始めた。

平和を取り戻したファーアームで、ニーナとリズの共同生活は、人間とロボットではないくらい上手く行っていた。

明るく、楽しく、時にはリズの巻き起こすハプニングに手を焼かされながらも、そうできるのも今が平和だからだとニーナもよーく知っている。

そんなドタバタコメディアンのような2人を、ファーアームの星々は、暖かく照らす。
そう、時としてすごく近くで。

「ニーナ!太陽に近づきすぎだよ!
フレアに捕まる!
引力で抜けられなくなっちゃうよーー!」

「そ、そんなコト言ったって-、まさか宇宙嵐からの出口が太陽にこんなに近いなんて思ってもみなかったんだから!
わ~~!アーマーがどんどん落ちていくーー!」

「ニーナ!ワープエンジン始動して!ワープエンジン!」

「え?ここでぇ?この間取り付けただけで、テストだってまだなんだよ?
第一、目的地はどこにセットしたらいいのよ?」

「セットしている余裕ないから、どこでもいいからワープして!ワープ!」

「えーーーーーー?」

「太陽に溶かされたいの、ニーナ?」

「そ、それは、イヤーーー!」

-・・・ググググググググゥゥゥゥゥゥゥ・・・-

「どこに着くのか、知らないからね!」

「溶けて死んじゃうよりマシだってば!」

「着いたら責任取ってよね、リズ!」

「頑張れ、船長!あたしは単なる修理ロボだからね。」

「このぉ!ああ言えばこういう、リズの減らず口ーー!」

ーシュウ~~~~~~ン・・・ー

・・・・・さて、無事に太陽の引力圏からは脱出できたようだが、2人を乗せたジョリー・ロジャー号はいったいどこの宇宙空間に出たのやら?

それは、星々だけが知っている。

 

SF・スペースファンタジー・星々の輝き・SpaceRogue -完-

▼SF・スペースファンタジー・星々の輝き・SpaceRogue -番外編-

SFスペースファンタジー「星々の輝き」番外編、さすらいのスターシップ

SFスペースファンタジー、スペースローグ「星々の輝き」INDEXはこちら これは、本編とは全くの別人のニーナのお話。 正直に全うに生きてこうとした彼女が、とある事件がきっかけで、その道を逸れ、一人雄々 ...

続きを見る

SF・スペースファンタジー・星々の輝き・SpaceRogue・INDEX

スペースファンタジー【星々の輝き】/スペースローグ・リプレイ二次小説INDEX

母船から離れ無人のスターシップに乗船したばかりに、広大な宇宙にたった1人取り残された少女ニーナ。 一瞬にして母船を消し去ったのは、ニーナの属する帝国軍と敵対している凶暴な異形の種族マンチー国の船艦軍。 ...

続きを見る

-SFファンタジー・星々の輝き

Copyright© SFスペースファンタジー小説の棚 , 2018 AllRights Reserved.