SFスペースファンタジー「星々の輝き」Epilogue

投稿日:

SFスペースファンタジー、スペースローグ「星々の輝き」INDEXはこちら

無事マンチークイーンの卵を女王の下に送り届けたニーナ。
本国へ戻れば、英雄として皇帝から直々に言葉と勲章を賜った。

スペースローグ・星々の輝き、前の話はこちらから

SFスペースファンタジー「星々の輝き」Epilogue

ニーナは、帝国・本国からまっすぐカロノス星系にあるヒアスラ・スターベースへとやってきた。

喜びを分かち合うヒアスラ・スターベース

「親父さん!!」

「おおーー!ニーナじゃないか!帰ってきたんだな!」

帝国本国での大歓待の後、ニーナはまずカロノス星系のヒアスラ・スターベースへと戻って来た。
バーに入るなり、主人と抱き合って無事だったことを喜び合う2人。

「ニーナならやると思ったんだが・・・勲章までもらっちまいやがって!」

「えへへへ・・・」

胸にかけているゴールデン・サンバースト勲章を、服の中から取り出して主人に見せるニーナ。

「ほうほう・・これが生者に与えられる最高の栄誉か・・・すごいじゃないか?!」

「うん!これもみんなのおかげだよ!」

「ははは!そう言ってくれるニーナが嬉しいね。」

「ちっとも変わってないっていうんでしょ?」
つん!と拗ねてみせるニーナ。

「ははははは!いやいや立派なもんだよ!」

「全くぅ~」

「呑むだろ?」

「勿論!親父さんのおごりだったよね?」

「まーな!」

「なになに?親父さんのおごり?」
いつの間にかフリッチが横に来ていた。

「お帰り、ニーナちゃん!」

「ただいま!フリッチ!」

「だけど・・まさかニーナちゃんがあんなことになってるとは・・思いも しなかったな~・・。
それでガットがどうのこうの言ってたのか・・」

「まーね。」

「正直にぶっちゃけてくれりゃ~、俺様だって一肌脱いだのによ!?」

「終わってからなら、何とでも言えるってもんだ、な、フリッチ?」

ビールジョッキを2人の前に置きながら、笑う主人。

「あ?・・・あはははは・・・」
フリッチは頭を掻き、照れ笑いする。

「あははははっ!」
ニーナも主人も共に大笑いした。

「それじゃ、今日はみんなにおごってしまおう!
ニーナの無事帰還と、ファーアームの平和を祝してな!」

「おおー!親父、太っ腹ぁ!」

『かんぱああ~~い!♪』

大宴会のフリーギルド拓殖基地

「よ~~!ニーナ、上手くやったじゃねぇか?」

「はい!ガットさんのおかげです!みんなが協力してくれたから!」

「嬉しいねえ・・勲章なんかもらってお偉いさんになっちまったから、もう相手になんぞしてくれねぇかと思ったら・・」

「そんなことあるわけないです!」

バスルチ星系のフリーギルド拓殖基地。表向きは貿易商ギルドのヘッド。
が、その実、 海賊の大親分であるドロートン・ガット卿。

ここでもニーナの成功とファーアームの平和を喜んだ。

「おい!オマー!オマーはいねぇか?」

「へい!ここに!」

ドアを開けてガットの片腕であるごつい男が入ってくる。

「ニーナがわざわざ挨拶に来てくれたんだ。宇宙の英雄が!」

「おお~!ニーナ様!!」

「ったく・・調子いいんだから!」

わざと大げさに両腕を広げ驚いてみせるオマーにニーナもガットも大笑い。

「オレたちの宇宙を守ってくれたんだ!
これで安心してじゃんじゃん稼げるってもんだ!な、ニーナ!」

「うん!」

「ニーナほどの度胸、貿易商にしておくにゃ、もったいねぇな。
・・どうだ?この際本気で 海賊業に変更しちゃ?」

「そうだ!それがいい!オレの片腕にってどうだ?」

ガットの言葉尻を受けてオマーが続けた。

「バカ野郎!オレの片腕に決まってんだろ?」
ガットがオマーに怒鳴る。

「ええー?そ、それじゃ、オレは首ですかい?」

「う・・・首にしちゃ~かわいそうだな・・。
じゃー、ニーナが右腕。お前が左腕ということで・・。」

「もう!勝手に決めないでよ!」

「がはははは!」

「それもそうだ!宇宙の英雄が海賊じゃおかしいか?」

「はははははっ!」

「まー、いいさ。オレたちのつきあいは変わらない。そうだろ?ニーナ?」

「うん!おかしな関係だけど。」

「はははっ!そうだな!帝国の英雄とお尋ね者の海賊だからなぁ!」

「一番いいのは、ガットさんたちが海賊止めることだよ!」

「それはそうかもしれんが・・・染みついた生活習慣ってのはなかなか・・・な。」

「うーーん・・そうよね~。」

「オレはいいとしても、中には海賊としてしか生きていけねぇ不器用な野郎もいるしな。」
ちらっとオマーを見るガット。

「お、親分、それはないですぜ。
オレだってその気になれば、いつでも堅気になれますぜ!」

「お前だとは言ってねぇんだが・・・。
まー、なんだな、お前もその1人か?
秘書の肩書きをやっても『親分』と呼ぶのがいつまでも抜けきらねぇ・・・。」

「親分だって、そう呼ばれて返事してるじゃないですか?」

「ぶっ・・・あははははっ!」
3人は一斉に大笑いした。

「まー、そういうことは、ぼちぼちということで。
時間あるんだろ? 食事でもどうだ?」

「はい、ごちそうになります!」

ニーナの嬉しそうな顔にガットが上機嫌でオマーに命じる。

「おい!選り抜きのコックを召集して、ご馳走を作らせろい!
最高級のやつをな!
ちょっとでもまずかったら宇宙に放り出すからそのつもりで根性入れて作れ!と言っとけ!」

「へい!」

「あ、それから、基地内や近海にいる今商売してねぇ奴らを召集しろ!
宴会だ!大宴会を開くぞぉ!」

「へいっ!」

オマーもまた上機嫌で返事をし、ニーナに笑顔を見せる(怖きもいが)と部屋を出ていく。

『かんぱーーーーい!』

ブラザー・フッドの主立った者たち、ちょうど基地に居合わせた人たちが天空の広場と呼ばれる基地内中央の大ドームに集まり、ニーナを囲んでの大宴会が始まった。

スポンサーリンク

お礼行脚的にあちこちに

ニーナはしばらく商売そっちのけで、ファーアーム中の世話になった人たちのところに 顔を出していた。

勿論どこでも大歓待を受け、無事を喜び合った。

まだまだ未開拓地のファーアーム。
全てよし!とはいかないものの、今は、この平和をかみしめて。

シシャザーンのボルフの言ってた未知のモノに対しての不合理な恐れ。
それが引き起こす誤解と悲劇。
その過ちを二度と繰り返さないよう、前向きに物事に対処していく。

それが、ニーナたちの、そして、ファーアームの未来を明るいものにしてくれるはずなのだから。

ただ・・・ボルフに逢うのは、ニーナにとって、やはり勇気が必要だった・・。

逢うつもりはなかったのだが・・・向こうから来るようにとの連絡が入っていて・・仕方なく・・・。

それでも、彼は人間のチビにしてはよくやったと褒め称えてくれた。
どうやらニーナは彼にとって、(あまり嬉しくない?)お気に入りの人間となったらしい。
時々顔を見せることを約束させられてしまった。

そして・・・・

グリフォン星系採掘ステーション

「マシュー!オマス牧師っ!」

グリフォン星系の採掘ステーションにやってきたニーナは、ステーション中を探し、最後に教会の裏手でしゃがみこんで何やら話し込んでいる2人を見つけ、手をふって駆け寄った。

「お、ニーナ、お、おめー・・えれーことしたんだってな?」

マシューが目を丸くして、が、最高に嬉しそうな笑顔で言う。

「あ、ええ・・・・でも、私一人でやったんじゃないよ。
みんなが助けてくれたから・・それに、これ・・」

ニーナはオマスに、彼からもらったサイオニクスシールドを差し出す。

「これがあったおかげでマンチー女王の卵を、王女様を助け出すことができたの。」

「おお、ニーナ・・・・そ、そうか、サイオニクスシールド・・。
それで、ビラニーの精神波から逃れることができたのだね。
役に立ったようで私も嬉しいですよ。」

「はい、本当にありがとうございました。
牧師様からこれをいただいていなかったら・・・・」

「はは。いいんですよ。」
それを返そうとするニーナの手をそっと押さえ、オマスは微笑んだ。

「あなたが持っていなさい。
私にはもう必要のないものです。
それに、持っていて邪魔にはならないと思いますよ。」

「ありがとうございます。
じゃ、いただいておきますね。」

「そうだ!記念写真撮らねーか?
オレな、最新式のデジカメ買ってみたんだよ。」

「え?買ったの?」

「ああ。さからさ、1枚、記念にさ?
撮らせてくれよ、宇宙の英雄ニーナの写真。」

「やーね、そんな言い方しないでよ。
英雄なんてもんじゃないんだから。
でも、そうね、じゃ、マシューも牧師様も一緒にどう?」

「へ?オレも?」
そうよ、とニーナはにっこり笑う。

「私も・・・ですか?」

「そうよ。マシューの言うその宇宙の英雄が、今こうしていられるのもオマス牧師のおかげなんだもん。」

遠慮するオマス牧師を説得し、マシューは、デジカメのタイマーをセットすると、2人を引き寄せてそこに立った。

「はい、ポーズ(チーズ)♪」

バスルチの怪物は・・・

バスルチの怪物に対しては、どう考えても”不合理な恐れ”ではなく、解決までにはまだまだかかりそうだ。

が、タルゴン隊長に関しては、プロスク博士がNSBの研究に入ってくれたため、近い将来一時的と言わず、完治できるようになるかもしれない。

是非ともそうなってほしいものだ。
とはニーナも思うが、ジョリー・ロジャー号は返すつもりはないらしい。

そして、ワープエンジンも徐々に完成に近づいてきている。

1度でなく2度、そして 複数回もしくは何度でもその使用が可能になるのも、そう遠い事ではないはずだ。

そう、夢のワープエンジン搭載スターシップ!

とにかく往復ワープ航行が可能になった時点で、ニーナはマンチー国へ行くことにもなっていた。

女王自身が映ったビデオメッセージでの招待状を送ってきたのである。

そして、まだ民間レベルではあるが、バーキリの貿易商の協力も得て、彼らマンチー人との相互理解も徐々に深まってきている。

ということで、各基地においてあるテレビゲーム『HIVE』は禁止となった。

唯一?、大被害を被ったそのゲーム会社は、したたかにも、蟻形態の生物の代わりにバスルチの怪物でリニューアルした。

(・・どう頑張っても、最高5面までしかクリアできていない・・・。(T-T
ひょっとしてゲーム本編より難しい?!
あっという間に鋭い口で切り裂かれてしまって、ゲームオーバー・・・。(笑

なんと言っても多勢に無勢・・できっこない!/^-^;)

中で何が起こっているのやら・・いついかなる時でも、ファーアームの星々は、変わらぬ輝きを放っている。

そこにいる人々を包み込むように。元気づけるように。

 

SF・スペースファンタジー・星々の輝き・SpaceRogue -完-

▼SF・スペースファンタジー・星々の輝き・SpaceRogue -Epilogue2-に、つづく

SFスペースファンタジー「星々の輝き」Epilogue2

SFスペースファンタジー、スペースローグ「星々の輝き」INDEXはこちら 宇宙を救った英雄ニーナ・シャピロと、修理ロボリズの、その非英雄的な日常…の一端。 スペースローグ・星々の輝き、前の話はこちらか ...

続きを見る


▼SF・スペースファンタジー・星々の輝き・SpaceRogue -番外編-

SFスペースファンタジー「星々の輝き」番外編、さすらいのスターシップ

SFスペースファンタジー、スペースローグ「星々の輝き」INDEXはこちら これは、本編とは全くの別人のニーナのお話。 正直に全うに生きてこうとした彼女が、とある事件がきっかけで、その道を逸れ、一人雄々 ...

続きを見る

SF・スペースファンタジー・星々の輝き・SpaceRogue・INDEX

スペースファンタジー【星々の輝き】/スペースローグ・リプレイ二次小説INDEX

母船から離れ無人のスターシップに乗船したばかりに、広大な宇宙にたった1人取り残された少女ニーナ。 一瞬にして母船を消し去ったのは、ニーナの属する帝国軍と敵対している凶暴な異形の種族マンチー国の船艦軍。 ...

続きを見る

-SFファンタジー・星々の輝き

Copyright© SFスペースファンタジー小説の棚 , 2018 AllRights Reserved.