SFスペースファンタジー「星々の輝き」35・パズルの謎

投稿日:

SFスペースファンタジー、スペースローグ「星々の輝き」INDEXはこちら

オマス牧師からヒアスラに、原点に戻れと言われたニーナは、久しぶりにカロノス星系のヒアスラ・スターベースにやってくる。
もちろん、真っ先に会いに行くのは世話になった酒場のマスターである。

スペースローグ・星々の輝き、前の話はこちらから

SFスペースファンタジー「星々の輝き」35・パズルの謎

「久しぶりだ、ヒアスラも、カロノスも。」
ニーナは、予定通り、カロノス星系にあるヒアスラ・スターベースに来ていた。

「親父さん、元気だった?」
早速彼女は、酒場の主人に会いに来た。

「やあ、ニーナ、生きてたようだね。」
主人はカウンターの中で微笑む。

「親父さんもね。」
笑顔を返し、ニーナはカウンターに座る。

「一杯くれない?親父さんお薦めのおいしいやつ。」

「俺のとこのは全部うまいんだぞ。」
少しおどけたように言うと、主人はジョッキにビールを注いだ。

「さあ、飲みねえ、飲みねぇ。」

「ありがと。」

「た・だ・し・・・飲みつぶれないように、なっ!」
主人はニーナにそう言って、ウインクした。

「やぁーだ、親父さん、もうそんなことしないよお!」
初対面の時の事を思い出して、彼女は赤面した。

久しぶりにニーナはおいしい酒を飲んだ気がした。
父親のように思っている主人ととても気持ちよく話せ、本当に気持ちよく飲めた。

その日、ニーナは閉店後も主人の頼みで、そこで時間のたつのも忘れて話していた。

但し、今ニーナが直面している難題らしき事は、主人にまで迷惑がかかってもと思い、話すことはやめたが・・。

スポンサーリンク

ヒアスラのバーで情報収集

やはり、出入りの多いヒアスラだけはある。
ニーナはいろいろな話を、主人から聞く事ができた。

  • ヒアスラ皇帝がどうやらもうすぐ退位する
  • マンチーの攻撃が以前にも増して、酷くなってきている
  • 議会もマンチーを撃退できる皇帝を望んでいる
  • 次期皇帝の最有力候補は、コス提督。
  • バスルチの事件
  • ブラックハンドによるとみられる殺人事件
    などなど

次の朝、ニーナはカウンターで主人と一緒に朝食を取っていた。

「あんなこと言ってまた酔いつぶれちゃった。あははは。」
ニーナは頭を掻きながら、照れ笑いをした。

「いいんだよ。昨日は俺が引き留めて飲ませたんだから。」
主人も笑った。

「失礼します、朝食お願いできますか?」
店の入り口には、帝国警備隊の略式制服を着た若い男が立っていた。

「もちろんですよ、どうぞおかけ下さい。」
主人は彼にニーナの横のイスを勧めた。

「はい。」
彼はそこに座り、ニーナに話しかける。

「おはようございます。」

「お、おはようございます。」
彼のあまりの礼儀良さに、ニーナは少し戸惑いを覚えた。

「自分の名前は、トゥームと言います。まだ単なる歩兵です。
今休暇中なので、ファーアーム中を旅してるんです。」

「私、ニーナって言います。一応、貿易商ってとこです。」

「お一人で大変でしょう。
でもいろんな所に行って、いろんな人に会うっていうのは、とても意義有ることだと思います。」

スポンサーリンク

気のいい兵士

トゥームは、ニーナに聞かれるまま、彼の出会った人たちのことを事細かく話してくれた。

その他人を疑うことをしらない彼に、ニーナは昔の自分を見ているような気がし、また、プリンセス・ブルー号に乗って旅をしていた頃を思い出していた。

周りの人は、みんないい人だと思っていたあの頃の自分を。

そして、今まで、ニーナが手に入れてなかった情報も彼から聞くことができた。

  • 公妃様がブラックハンドと何やら衝突していること。
  • タルゴン隊長が極秘の任務についていて、公妃の敵に捕まったらしい。
  • 行方も今もってわからないのはブラックハンドの仕業ではないか。

そう、偶然にもトゥームは、タルゴン隊長の部下だった。

「隊長は、すばらしい上官でした。
自分を一人前に育ててくださったし。
それにファーアームで一番勇敢な戦士なんです。
小さな偵察艇でコルセアを倒したくらいなんですから。」

コルセアとは、大型の海賊船である。
その装備は、帝国軍の大型軍艦、タイタンに匹敵する。

タルゴン隊長のこととなると、彼の舌はどんどん熱を帯びていった。

(よほど、尊敬し、慕っているのだろう。)とニーナは思った。

「ですから、公妃様と意見が合わず退官させられた、などというのは、あり得ないのです。
隊長ほど忠実な部下はいません。
きっと、何か、やむをえない、何かがそうさせたのだと思います。」

「そうね、私もそう思う。」

そう答えた直後、ニーナの脳裏にひらめくものがあった。

「小さな偵察艇でコルセアを倒したって言ってたよね?
その偵察艇の名前は知らない?」

トゥームは残念そうに首を振った。
「極秘任務の多い隊長でしたから、そこまでは。」

「ちらっとでも聞いたことがない?ジョリーとかロジャーとか?」
ニーナはひょっとしたらタルゴン隊長が、船の前の持ち主なのでは?と思ったのである。

「すみません、小型偵察艇としか。」
しばらく考えていたトゥームはこう付け足した。

「サンレーサータイプの小型艇だったとは聞いた気がします。」

(サンレーサータイプ!)

ニーナはそれだけで確信した。
航海日誌とタルゴン隊長の現状を照らし合わせれば、パズルのピースはかなり埋まる。

「いい話をいっぱいありがとう、トゥーム。じゃ、私行くから、またね。」

「いいえ、こちらこそ、お話ができて楽しかったです。良い旅を、ニーナさん。」

「親父さん、また来るね。
トゥーム、タルゴン隊長のような、立派な隊長さんになってね。またどこかで!」

ニーナは、まだ話し足りないようなトゥームとバーの主人に別れを言うと、急いでポートに向かった。

(こうしちゃいられない、とにかく、公妃様に会わなきゃ。なんとしてでも!)

 

>>>SF・スペースファンタジー・星々の輝き・SpaceRogue-36-につづく

SFスペースファンタジー「星々の輝き」36・心強い味方

SFスペースファンタジー、スペースローグ「星々の輝き」INDEXはこちら 謎が解きかけてきた! デネブ星系に居を構えている公妃に何が何でも会おうと決意して、ポートへ急ぐニーナに声をかけたロボットが一体 ...

続きを見る

-SFファンタジー・星々の輝き

Copyright© SFスペースファンタジー小説の棚 , 2018 AllRights Reserved.