スペース・デリバラー(空間宅配配達人)・営業日誌1

投稿日:

広大な宇宙、そして、無限の広がりをみせる異空間・・・

これは、宇宙・異世界・電脳そして現実空間を、愛に乗せ、命をかけて日々メールなどの宅配物をデリバリーしている2人の若き女性デリバラー(平社員)コンビの話である。

いわば、近未来スペース・ファンタジー?コメディーの1話~2話で完結のシリーズ作。

とはいえ、出てくるインターネット用語は、もう化石かもしれない年代に書いたものです(苦笑)

スペース・デリバラー・営業日誌1

その1・今日も係長の怒りで終業・・・は~ぁ・・・

「ぶっわっかも~~ん!!プレゼント(ウイルス)付きのメールを届けるとは何事だ~~~!!」

その日の終業も、係長の罵声で締めくくることとなった。

久美子と千里は共に社会人一年生。
『(有)スペースデリバリー』の配達課に所属し、なかなか慣れない仕事に、日々てんてこまいしている。

デリバリーカーに乗り、1歩移動空間に出れば、そこはならず者の闊歩する空間。

『ハッカー』という名の海賊や、『デベロッパー』という名の暴走族が待ちかまえている。

各種お宝(データ)を満載して航行するデリバリースペースカーは、とくに彼らの絶好の標的となる。

その海賊(ハッカー)や暴走族(デベロッパー)の放つ、ウイルス砲をかわし、あるいは、アンチウイルスビームで粉砕し、目的地まで行かなければならない。

スポンサーリンク

それは・・・のんきに大学までエスカレーターで出た久美子と千里にとって、あこがれだったが、非常に厳しい現実だった。

しかも・・・海賊(ハッカー)や暴走族(デベロッパー)たちは、新人だからといって、女だからと言って手加減はしてくれない。

容赦なく襲うウイルスビーム!そして、ワーム砲!

それに相反して、尽きかける彼女たちのバスター魚雷のストック。
(ミスばかりしている。)

が・・そこをなんとか切り抜け、無事?帰社したというのに・・・・

「やっぱり、あそこで暴走族(デベロッパー)が不意に引き上げたのって・・ウイルスをもうメールに照射した後だったんじゃない!」

「そんなこと言ったって・・ちゃんとメールを渡す前にウイルスチェックしたよ?」
久美子と千里は、係長の罵声の前、小さく縮みながら言い合う。

スポンサーリンク

「それにしても・・・報告(苦情)って早いよねー?」

「うん。」

「聞いてるのかね、君たちは?」

「あ!は、はいっ!す、すみませんでした!」

「ウイルス情報は常に最新情報にアップデートしておくように言ってあるだろう?
ウイルス探知機の情報が古すぎたんじゃないのかね?」

地獄耳の係長には、2人の内緒話も入っていたらしい。

「す、すみません。」
平謝りに謝り、2人はその日もなんとか始末書で許してもらう。

「何よーー!今日のウイルスって・・亜種なんじゃない?」

席に戻ってチェックした久美子が小声で怒ったように叫ぶ。

「え?亜種?」

「そうよ!あの時点ではまだ発見されてないか、発見したばかりだから、どうしようもなかったってこと!」

「でもさ・・・それでもやっぱり配っちゃ、会社の信用問題だよね?」

うーーん、と2人は頭を付き合わせて考える。
それはもっともだが、どうしようもないことも確かである。

「あーあ・・・やっぱ免許取得してせめてケーブルエンジンカーにしないとだめね。」

「そうねー・・・いつまでもアナログエンジンカーじゃ、ノルマも十分こなせないし。そうすればハッカーの追撃も振り切れるかも。」

「そうねー。いつまでもC級ライセンスじゃ、バカにされるし。」

「うん。いくら営業ライセンスでもね。」

「どうする?今度の週末、講習あるって聞いたけど?」

「うーーん・・。」

スポンサーリンク

毎日が戦争だった。
その為週末は遊ぶどころか、バタンキューなのである。

2人は中継地(アクセスポイント)で見た上のハイウェイを行く流線型の格好いいADSLカーを思い出していた。

「き~~!・・もう・・ぐやじ~いっ!」

「不景気だから他に仕事ないし。」

「そうねー。今更仕事変えるわけにもいかないわよねー?」

「だいたいあなたがいけないんじゃない?」

「え?なんで?」

「デリバリー会社に勤めれば、出会いが増えて選りどりみどりだって言うから!」

「あら!だって、普通じゃ行けない遠くの星とか異空間にあるコロニーへ行けるのよ?
限られたところより、広範囲の方が、出会いの幅も広くなるに決まってるでしょ?」

「・・・・出会うのは海賊(ハッカー)や暴走族(デベロッパー)ばっかりだけど・・・・」

「・・・・・・」

大きくため息を付き、久美子と千里は、疲れた身体にむち打ち、家路についた。

 

第2話はこちら↓↓↓

スペース・デリバラー2・次元航路を出ると、そこはファンタジーの世界だった

スペースデリバリー社という空間宅配会社に入社した久美子と千里。 宇宙空間だけでなく異空間のコロニーまで行けるという”空間配達人”というその職業は、あこがれの職種でもあった。 だが、現実は厳しく、単に配 ...

続きを見る

-SFコメディ・スペースデリバラー

Copyright© SFスペースファンタジー小説の棚 , 2018 AllRights Reserved.