SF・スペースファンタジー・SOS!・その1・未踏地の惑星に不時着

更新日:

宇宙船ラーミア号

SF・スペースファンタジー「SOS!」前書き

このお話の主人公はサーヤ。
彼女は宇宙船ラーミア号のクルー。一応看護師(見習い)。

サーヤにとっては処女航海。
最初のうちこそ珍しい事ばかりで、浮きうきしていた彼女だが、単調な宇宙空間での生活のこと、いつしかホームシックになっていた。

そんな時、船は大型宇宙嵐と遭遇。

船は嵐の衝撃を和らげるため、ディバイド航行、巨大な船体がいつくもの長針形の小型船に別れた飛行形態を取った。

そしてその中の1つ、サーヤの乗った小型船は、嵐通過後も母船とドッキングせずに、未踏地の惑星に不時着していた。

宇宙嵐と遭遇

『緊急警報・非常事態。繰り返します、非常事態!
B級宇宙嵐と遭遇、回避不能。
これよりディバイド航行に移ります。各自ポッドに着席の事。繰り返します・・・』

宇宙船ラーミア号内の各非常警報がけたたましく鳴り響き、ランプが点滅する。

コンピュータによる女性音の警報が繰り返し船内に響き渡る。

ラーミア号船長ハラドは遭遇してしまったガス塊の宇宙嵐を最短距離で横切るべく、その巨大な船体を各パートに分けて航行することを決断した。

ナース見習いとして初めてこの船に乗り込んでいたサーヤ・コルハートは焦る。

彼女にとって憧れの宇宙に出たその最初の航海で、最も危険とされる宇宙嵐と遭遇してしまったのだ。
それも、ディバイド航行に移らなければならない程強力な宇宙嵐に。

何もかも初めてでこんな事など予想だにしていなかったサーヤは、メディカルルームで呆然としていた。

スポンサーリンク

「何してるんだ、サーヤ?!早くこっちへ!」

丁度治療に来ていたエンジニア助手のニムルが彼女の手を引っ張りメディカルルーム奥にあるポッドへと駆け込んだ。

「ぼやっとしてるんじゃないぞ!」

「ご、ごめんなさい。」

ポッドは二人用となっている。
サーヤはシートに腰掛け、ベルトをかけながら謝る。

ニムルもシートにかけ、その身を固定していた。

「気を引き締めろ。ポッドの中とはいえ、ガス塊を回避する時の回転によるGは、生半可なもんじゃないぞ。」

「はい。」

サーヤは緊張していた。
宇宙嵐と遭遇したとき、その被害を最小にするためにこの航行が取られるときがある、それは、巨体な船体そのままだともろに受けてしまうガス塊を、各ユニットに別れてやりすごそうというものだ。

そして、宇宙嵐を無事通過できた時点で再び各ユニットは合体し、一隻の宇宙船となる。

とは言っても予定通りには行かないもので、全てのユニットが無事合体できるとは言えなかった。

各ユニットはお互い信号音でその場所を確認し合いながら自動制御で航行するのだが、嵐の為コースを逸れる場合もある。

それ以外は、それら楕円形の細長い繭形をした小艇はガス塊を避けながらひたすら直進するのである。

乗船している人間はその衝撃や重圧を最小限に抑える為のポッドに入っている。
それがなければとても人間に耐えられるものではないのである。

「ぐっ・・・」

回転による、そして衝突時のスピードダウンによる重圧は次々とサーヤたちを襲った。

(なんで、こんな事にならなくちゃいけないのよぉ?
初めての航海で宇宙嵐なんて、運が悪すぎるぅ・・・・)

サーヤは、押し潰され、失神してしまいそうな重圧と襲ってくる吐き気と戦いながら、運の悪い自分を呪っていた。

(き、筋肉が、身体がバラバラになりそう・・・も・・もう・・・・・ダメ・・・)

いつしかサーヤは気を失っていた。

気づけば、2人きりで不時着

「大丈夫か?」

サーヤが気がついた時、その目には心配そうに覗き込んだニムルの顔があった。

「ニ、ニムル・・も、もう抜け出たの?」

サーヤは慌ててベルトを外しながらニムルに聞く。

「あ、ああ。嵐からは出たんだが・・・」

ニムルは覗き込んだ顔をポッドの外に向けた。
その顔は困惑した顔つきだった。

「じゃ、もういいんでしょ?」

まだ少し吐き気を覚えながらサーヤは立ち上がる。

「いいんだが・・・・」

ドアを開け、メディカルルームに出た。
が、そこからは出れなかった。

ドアはしっかりロックされたままだ。
ということは、とサーヤは考えながら後ろにいるニムルを振り返った。

「そうなんだ。俺たち2人は、どこかの星に漂着したって事。」

「え、えーっ!」

思わず彼女は大声を上げた。
つまり、それは元の艦には戻れず、このユニットだけ迷子になった事を意味する。

スポンサーリンク

「大気は異常無い。外には出れるが・・」

「が・・?」

「場所が分からない。
加えて通信装置は着陸のショックで壊れている。」

「な・・・・」
サーヤは言葉が出なかった。

「母船がこいつの軌跡を辿って、何とか見つけてくれればいいんだが・・・。
いつの事だか。
只でさえ予定より遅れていたからな。
商売の方を優先するだろう。
メディカルルームだって第1と第2があるんだ。
1つくらいなくてもどおって事ないからな。多分後回しになるだろう。」

「じゃ、じゃ・・・・」

サーヤは焦りまくっていた。
ニムルと2人きりだというのに、それもいつまでなのかわからない、通信手段もない、外に出れるのはよかったとしても、絶望的だった。

「ちょうど地球のような感じの惑星でよかったよ。
太陽は2つあるけどな。」

「ニムルはもう見てきたの?」

「ああ、一応、近くをな。」

「人類は?」

「いや、まだ分からない。
とにかく食料もそうない事だ。
こうしてても何も始まらない。
付近の探検とでも行こうか?」

「う、うん。」

スポンサーリンク

ニムルはサーヤと同じようにまだ見習い。
本人はこの言い方を嫌い『助手』と言えとサーヤには言っていたが、エンジニアの助手で、サーヤより一航海先輩だった。

が、彼女が乗船してきた時から何かに付けてはからかいに来ていた彼を、サーヤは一番嫌い苦手としていた。

地球型の美しい星

「よりによってニムルと一緒なんてぇ・・」

溜息をつきながらハッチを開け外へ出たサーヤの目に飛び込んだのは、緑一杯の森とさらさら流れる小川。

小艇は小川を横切るように、小川のほとりの崖にその頭を突っ込んでいた。

「わあ・・・綺麗!」

思わず胸に手を組み、サーヤは感嘆の声を上げた。

「綺麗だろ?まるで、大昔の地球みたいだ。
緑の森、透き通った小川、真っ青な空。
空気も旨いし、何とも言えない、いい気分だろ?」

サーヤの後に続いて小艇からでてきたニムルが回りを見渡しながら言った。

「うん。」

サーヤはつい先程の文句も忘れ、その気持ちのよい空気を胸一杯に吸い込んだ。

「本当にいい気持ち。
ビデオデータライブラリでしか見たことないような所が本当にあるなんて。
私の育った星、キルホフは荒れ地と砂漠ばかりだったから。」

「そうだったな、サーヤはキルホフのドームコロニー出身だったな。
俺も似たようなもんだ。ジュール星だからな。」

ニムルもサーヤと同じようにその新鮮な空気で胸を満たすと、故郷を思い出すように言った。

「そう、何にもない所だけど、やっぱりこうして宇宙に出ると懐かしく思うわ。
思い出が一杯あるから。」

「何だ?ホームシックか?」

ニムルが少し馬鹿にしたような顔つきをしてサーヤを見た。

「ち、違うわよっ!ただ・・ただ、ここと比べて思い出しただけよっ!」

慌ててサーヤはニムルの視線を避けると森に入ってみようと足を進めた。

「そう・・・でっか・・・」

ニムルはそんなサーヤににやっとすると彼女の後をゆっくり追った。

 

その2へつづく

SF・スペースファンタジー・SOS!・その2・バナナ星人とオレンジ星人

Contents1 SF・スペースファンタジー・SOS!1.1 その2・バナナ星人とオレンジ星人1.2 バナナの出産 SF・スペースファンタジー・SOS! このお話は宇宙船ラーミア号に乗った見習ナース ...

続きを見る

SF・スペースファンタジー・SOS!・INDEX

-SFスペースファンタジー・SOS!

Copyright© SFスペースファンタジー小説の棚 , 2018 AllRights Reserved.